ヒアルロン酸で美肌街道

そもそもヒアルロン酸ってなんなの?

「ヒアルロン酸」は今や、「コラーゲン」とならんで、知らない人がいない美肌成分でしょう。

ちょっとテレビをつければ、「ヒアルロン酸配合」というのを売り物にした化粧品や健康食品の類が次々と紹介されています。

その名前は知っていても、「では何なのか」と聞かれてちゃんと答えられる人は少ないのではないでしょうか。

まず、「ムコ多糖類」のひとつです。化学の難しい話はおいて、簡単にいってしまうと、粘り気のある糖の一種です。

水分と簡単に結合します。すると、ゲル状化します。ゼリーかこんにゃくのような状態と考えていいでしょう。言い換えれば「水で膨らんだ状態」です。これで体の組織の体積を維持したり、細菌や毒物の侵入も防ぎます。

人間の体の中では、皮膚をはじめ、臍帯(さいたい)、眼球の硝子体(しょうしたい)、関節液に含まれています。

お肌にプルプル感があるのも、ヒアルロン酸水分を保ってくれているおかげです。また、関節の中では潤滑油の役割を果たします。

本来は人間の体の中で作られ、その分量で足りているものです。が、年齢とともにこの作られる量が減ります。

高齢者にはヒザなどの関節が痛む人も多いでしょう?この多くの場合の原因になっているのが、ヒアルロン酸の減少なのです。

お肌にハリがなくなるのも、同じ原因です。

最初にこのヒアルロン酸が注目されたのは、美容の面からではなく、関節痛の治療に用いるためです。

元は鶏のトサカなどから抽出されていました。が、今は乳酸菌などを利用しても作り出すことができ、大量生産が可能になりました。

ヒアルロン酸が入った食べ物って?

ヒアルロン酸がたくさん含まれているのは、人体では皮膚、関節、目玉、臍帯、脳などです。

これはほかの動物でも大差がありません。鳥でいえば、皮、軟骨、手羽先などが大量に含まれてる部分です。

「これならば、普通に鶏肉を食べるよりも、焼き鳥屋で食べた方がヒアルロン酸がたくさんとれる」ということになりそうです。

が、問題があります。熱に弱いのです。ですから、焼き鳥などにして、焼いてしまうと壊れてしまいます。

ほかにはトサカは特に多い部分です。かつては医療用などに用いられるヒアルロン酸はトサカから抽出されていました。

ほかには魚の目玉、ブタの耳、ふかひれ……普段人が食用にしないか、してもよほどの珍味ばかりです。「毎日の食卓で大量に」というのは無理そうです。

しかも熱でダメになるのは、鶏肉と同じです。

植物でたくさん含んでいるものがあります。山芋や海藻類です。これらならば、生で食べることもあるでしょう。

また、アロエにも含まれています。アロエは古くから化粧水やパックなど、美容にも役立てられてきました。その効用にはヒアルロン酸も関与していたのです。

ただし、これらも分子量が大きく、胃腸からの吸収は難しいようです。

結局、「食事でヒアルロン酸をとるのはとても難しい」という結論を出さざるを得ないようです。

近年はバイオ技術の発達で、乳酸菌などを利用して大量に生産されています。やはりサプリメントや健康食品の利用が現実的なようです。

47都道府県、脱毛サロンが存在しない地域はない!と言っても良いほど、脱毛サロンはたくさん増えました。タダでパッチテストや体験キャンペーンを初回限定で受けられる脱毛エステも非常に数多くあります。

顔脱毛ならここがオススメ!@格安の人気脱毛サロン、クリニック一覧

総じて、体脂肪はでたらめに減量すればいいものでしょうか。けっしてそうではありません。実際に体脂肪は、人も合わせた様々な動物が生きていくのに重要なものであることが明白だからです。

http://太もも痩せエステなら.com/

動かずに硬直したままでは血行も悪くなります。そうすると、目の下の部分を始め顔全体の筋力が落ちてしまいます。そこで顔全体の筋肉もしっかりとストレッチをして、しばしば緊張をほぐすことが大事です。

http://フェイシャルエステ仙台なび.com/

Copyright (c) 2014 ヒアルロン酸で美肌街道 All rights reserved.